“毛穴”の開き“毛穴”の黒ずみ“毛穴”の角栓に実感できる「ソワン」

JUGEMテーマ:毛穴ケア

 

毛穴はなくなりません〜。というかないと困るわけです。
というわけで、ここでは毛穴をなくすのではなく、目立たなくする方法です!

 

毛穴がめだたないとは、水分と油分のバランスがとれていてターンオーバーの正常な肌であるということ。
結局は美肌をめざすことになるわけですね〜。

 

加齢でなく、毛穴の開きが気になる!という場合、乾燥肌+皮脂の分泌が多いというパターンが多いです。
なので、保湿しつつ皮脂の分泌を抑えることがスキンケアのポイントになります。

 

また、でてしまった皮脂をしっかり取り除く洗顔も大切。なお毛穴パックはやりすぎると、肌が弱って余計皮脂を出そうとしてしまうので注意が必要です。しっかり汚れを吸着してくれる洗顔料を使う方がおすすめです。

 

これらが全部ラインナップになっているのがビーグレンの毛穴ケアです。洗顔・てかり防止・保湿と引き締めで毛穴を目立たなくしてくれます。独自の浸透テクノロジーを使って肌に成分を届けるところも特徴です。
なんと365日返金保証つき♪
 

JUGEMテーマ:毛穴ケア

正しい洗顔は、毛穴ケアの第一歩。

まずは、NGポイントから。
力をいれてゴシゴシ洗う。スクラブ入りなど刺激が強いものを使うのはNG
熱いお湯で洗う。
長い時間洗い続ける。
毛穴パックを使う。

正しくは、泡をたてて、それで優しく洗う。落ちない場合は、泡の吸着が強いという石鹸にかえてみるといいかも。
すすぎはぬるいお湯でバシャバシャと。洗顔はやさしくてもすすぎがゴシゴシの人もいるので注意。
タオルで拭くときも優しく。
水分が蒸発する前に保湿ケアを。

化粧品を一切つかわないで、洗顔だけで肌を改善するって口コミもときどきみかけます。
あれこれ考えるより、正しい洗顔の方が効果あるのかも!

JUGEMテーマ:毛穴ケア

毛穴の開きも、もとをただせば、肌のターンオーバーが正常に行われないことが原因。

30代になったら、定期的に角質ケアをして古い角質を取り除く方がいいというのは、最近よくみかけます。

古い角質を取り除くのにピーリングをする人は増えているようですが、敏感肌の人はピーリングすると肌荒れしたりしてしまうようです。

というわけで、乳液ピーリングのご紹介。

洗顔後水分をふきとり、乳液を顔全体につけます。毛穴が目立つTゾーンや鼻は軽くマッサージ。蒸しタオルを3分ほど置いたら、タオルで下から上に乳液をふき取ります。その後化粧水や美容液でお手入れし、最後はクリームでフタ。

乳液でやさしく角質を取り除く方法だそうです。

JUGEMテーマ:毛穴ケア

正しい洗顔は、皮脂をとりすぎないようにすること。
この洗顔を続けていると、高い化粧品を使わなくても、毛穴ににも効果があるそうです!

使うお湯の温度は32度くらい。お風呂の温度より低めです。
顔をきちんこ濡らす。
泡をきちんとたててモコモコにする。
泡で洗う!手が顔につかないくらい優しく!
洗う順番は、額→こめかみ→まゆ→目の周り→口のまわり→あご→首筋
泡をきちんと洗い流す。

ただし、鼻だけはなかなかきれいになりにくいので、おすすめはニベアパック。
鼻にニベアをぬって、ラップして入浴してから洗顔。
これでかなりスッキリすると思います。お試しください!
毛穴パックだと、周りの角質まではがしてしまうので、毛穴はキレイになるけどどーしても周りの肌ダメージがあったのですが、これなら大丈夫です!

1